先生紹介

児童福祉学科教員

専任教員一覧(男7名、女12名 計19名)

  • 和泉短期大学 学長
    教授
    佐藤 守男
    主な担当科目:保育内容の総合的指導法「造形表現」
    佐藤 守男

    子どもの頃の夢:画家

    授業で心掛けていること:絵画、造形の表現には「方法」はありますが、「作法」はありません。さあ、子ども達と一緒に楽しみながら、表現してみましょう。

    受験生・高校生へのメッセージ:弱者の立場から社会を覗き、そこに自分を投影してみると、皆さんの存在意義や使命が判るかもしれませんよ。和泉で学んでみませんか。

  • 和泉短期大学 副学長
    ALO 教授
    大下 聖治
    主な担当科目:保育内容の総合的指導法「身体表現」、体育実技・体育理論
    大下 聖治

    趣味:旅行とミュージカル観劇です。

    授業で心掛けていること:実践的学び Output ⇔ Input

    受験生・高校生へのメッセージ:勇気をもって様々なことにチャレンジしてみてください。その体験が自分を大きくします。

  • 教務部長 教授 松浦 浩樹
    主な担当科目:保育原理、教育原理
    松浦 浩樹

    授業で心掛けていること:一人ひとりの学生が、保育技術のみでなく、子どもと自分への誠実さを身につけることができるような授業内容にすること。学生同士が、支え合い、学び合う協力体制を創ることができるようにすること。

    受験生・高校生へのメッセージ:保育の仕事は、誇り高き大切な仕事です。世の中で言われている噂に左右されず、ぜひこの誇りを背負っていただきたい。保育・教育・福祉・医療の最前線で実際に働いていた「誇り高き」教員が多くいる日本では珍しい大学です。ぜひこの貴重な経験的学びを基礎にして、保育者として旅立っていってください。

  • 地域連携推進センター長
    図書館長 教授
    鈴木 敏彦
    主な担当科目:社会福祉、教育政策と社会(児童の権利)
    鈴木 敏彦

    和泉の学生の印象:微笑みを絶やさず、笑顔が素敵な学生が多いと感じています。マザー・テレサは「 平和は微笑みから始まります 」と言いました。和泉の学生の笑顔は、保育・福祉の担い手としてきっと大きな力となるはずです。

  • 宗教部長 教授 横川 剛毅
    主な担当科目:特別支援保育Ⅰ、障がい者の生活支援、実習指導に関する科目
    横川 剛毅

    子どもの頃の夢:プロ野球選手になることです。「将来ジャイアンツのセカンドを守るのは僕だ」と小学校6年生ぐらいまで本気で考えていました。

    授業で心掛けていること:学生にわかりやすく。質問や感想などを寄せやすいように。

    受験生・高校生へのメッセージ:保育や支援の現場を経験している教員が多くいるのが和泉。あなたもリアルな授業で、現場で本当に必要とされる人へ!

  • 入試広報部長 教授 松山 洋平
    主な担当科目:保育内容「環境」、保育内容の総合的指導法「環境」、教育・保育カリキュラム論
    松山 洋平

    和泉の学生の印象:和泉の学生は、これがわかりたい、こうなりたいという意欲や熱意があります。人を信頼し、人と対話すること、人を大切にすることができる人々です。これは、緑溢れる環境の中で、個々に応じ多様性を尊重する、和泉の教育方針や開学以来の校風が大きいのだろうと思います。

  • 学生部長 教授 山本 美貴子
    主な担当科目:保育内容「表現」、保育の総合的指導法「音楽表現」、実習指導に関する科目
    山本 美貴子

    授業で心掛けていること:「子どもはなぜ歌が好き?」「友達と一緒に歌うと元気が出るのはなぜ?」実際に活動しながら、音楽する子どもの心と身体について理論を学び、愛情の中で育つ子ども達と「音楽でコミュニケーションする保育力」を獲得する実践的な授業を心掛けています。

    受験生・高校生へのメッセージ:一人一人その子らしい音楽と愛でいっぱいの生活で、かけがえのない命の大切さを伝える先生。小さな子どもとの日々は、平和な世界への一歩に貢献する大きな仕事です。

  • 実習サポートセンター長
    准教授
    矢野 由佳子
    主な担当科目:保育の心理学、子ども家庭支援の心理学、子ども理解と保育、実習指導に関する科目
    矢野 由佳子

    和泉の学生の印象:人に寄り添いたいという気持ちが行動に表れていて、やさしいです。そして、大変な時でも途中で投げ出さずに、最大限のパワーを発揮するところがすごいと思います。

    授業で心掛けていること:心理学に興味を持っても専門用語が多く難しく感じるかもしれません。具体的な場面にたとえて、わかりやすく伝えることを心がけています。

    受験生・高校生へのメッセージ:「自分で選ぶ」「自分で決める」ことを大切にして欲しいと思います。

  • チャプレン 准教授 坂井 悠佳
    主な担当科目:キリスト教概論、キリスト教社会倫理
    坂井 悠佳

    授業で心掛けていること:キリスト教学校である和泉短期大学の建学の精神を知ることが、保育・福祉のよき担い手になるうえで重要だと思います。キリスト教信仰に触れることは、自らの使命や生き方を考えることであり、キリスト教概論やキリスト教倫理の授業が、そのきっかけとなればと願っています。

    受験生・高校生へのメッセージ:「キリスト教なんて、自分とは関係のない遠い世界のこと」と感じるかも知れません。けれども、そんなことは決してありません。キリスト教信仰には、人生のヒントがたくさんあり、皆さんの歩みを力強く導いてくれます。キリスト教学校だからできる、保育・福祉の学びをしてみませんか?

  • 特任教授 武石 宣子
    主な担当科目:子どもと音楽、リトミック
    武石 宣子

    子どもの頃の夢:ピアノの先生

    授業で心掛けていること:①「音楽人となる以前に豊かな人間を育てる」をモットーに、身体的表現への興味や意欲を呼び起こす指導に情熱を燃やしている。②ピアノ初心者でも弾きこなす事ができるよう、やさしくアレンジした「子どもの歌」奏法を授業に取入れている。

    受験者・高校生へのメッセージ:①自分の人生は自分で決めること。②夢を実現するために積極的に行動すること。

  • 教授 井狩 芳子
    主な担当科目:保育内容「健康」、保育内容の総合的指導法「健康」
    井狩 芳子

    趣味:好きなこと(趣味)は、自身の五感を通して、“自分の中に内在する新たな感覚”に出会うこと。ウオーキング・表現活動・料理・園芸…。目下の夢は、馬に乗って”人馬一体感”を得る事。日々の出会いを大切にしたいと思います。

    授業で心掛けていること:次世代に希望の光を託す 緩急のある授業展開

    受験生・高校生へのメッセージ:自分を表現し、自身を護る(守る)ためにも言葉の体力をつけよう!もしも、未熟さに気付けば、その時点から習得していこう!!

  • 准教授 中野 陽子
    主な担当科目:特別支援保育Ⅱ、教育・保育相談の理論と方法、子ども家庭福祉、実習指導に関する科目
    中野 陽子

    和泉の学生の印象:私は和泉の卒業生です。卒業後は障がい者施設で働いておりました。和泉の学生は、明るく素直だと思います。また、優しくて困っている方がいると自然に手を差しのべられるところも素晴らしいと思っております。

    授業で心掛けていること:社会へ出たときに「あたりまえのまえのことをあたりまえに」できる人になれるように。主体的な受講となるよう「考える」授業を心がけています。

    受験生・高校生へのメッセージ:私は和泉の卒業生です。和泉で学べて本当に良かったと思っています。保育・福祉を学びたいならぜひ和泉へ。

  • 准教授 久保 小枝子
    主な担当科目:保育内容「言葉」、保育内容の総合的指導法「言葉」、キリスト教保育、保育・教職実践演習(幼稚園)、実習指導に関する科目
    久保 小枝子

    授業で心掛けていること:教員から重要なポイントを伝えた上で、学生が自分で考えてみること、共に学ぶ仲間と対話することを大切にしています。多様な価値観に出会いながら、保育の礎を築いて欲しいと願っています。

    受験生・高校生へのメッセージ:和泉の最大の魅力は、教科書の教えに留まらず、様々な現場経験豊富な教員から事例を聞き、現場に即した学びができること。また、授業で学んだことを活かすため学内に、子育てひろばを併設していることです。実践力を身に付けたい方、是非いらしてください!

  • 准教授 八代 陽子
    主な担当科目:保育内容の総合的指導法「人間関係」、子どもの保健、子どもの健康と安全、実習指導に関する科目
    八代 陽子

    子どもの頃の夢:保育園の先生 小学校の先生、看護師さん、宝塚の舞台に立つこと。看護師経験を経たのち、この世界に入りました。聴こうとしないと聴けない声を聴こうとする大切さ、人を尊重する大切さ、保育の中には人としての根本があると思います。日々学生から学びながら過ごしています。

    授業で心掛けていること:「子どもの前に立っている自分」を意識しながら、学べるような授業構成を心がけています。

    受験生・高校生へのメッセージ:保育の世界は、とても奥深く、自分自身も成長することができる素敵な職業です。是非一緒に学びあいましょう!

  • 准教授 中安 恆太
    主な担当科目:社会的養護の原理、子ども家庭福祉、実習指導に関する科目
    中安 恆太

    授業で心掛けていること:分かりやすく、明るい授業!

    受験生・高校生へのメッセージ:子どもの笑顔を引き出すことで、自分も笑顔になれるのが保育や福祉の魅力です。「人と人」が関わり、お互いが笑顔になる方法を学べるのが和泉です!

  • 専任講師 吉田 久仁子
    主な担当科目:キリスト教保育、保育内容「人間関係」、保育内容「環境」、保育内容の総合的指導法「環境」、実習指導に関する科目
    吉田 久仁子

    趣味:10年以上、ヨガをやっています。体は固いのですが無理せず出来ることを楽しくやっています。深い呼吸をすることを心がけています。小さな子どもたちと一緒にヨガをするのも楽しいです。私の体はなかなか柔らかくなりませんが、心は柔らかく穏やかでいられる気がしています。

    授業で心掛けていること:保育現場の園長と教室をつないで遠隔授業を行ったりしながら、幼稚園や保育園等の保育現場の「実践」と授業の学び「理論」がつながることが大切だと考えてています。

    受験生・高校生へのメッセージ:和泉はグループアドバイザー制(クラス担任制)です。同グループの2年生との交流もあり学びや生活についても詳しくアドバイスしてくれます。皆さんも、和泉で一緒に保育職を目指しましょう。

  • 専任講師 星 早織
    主な担当科目:乳児保育Ⅰ、乳児保育Ⅱ、子どもの健康と安全、保育教職実践演習(幼稚園)、実習指導に関する科目
    星 早織

    授業で心掛けていること:グループワークや演習を通して自分の意見を他者に伝える、相手の意見に耳を傾ける機会を多く設けています。この経験が保育実践に活きていくと思います。

    受験生・高校生へのメッセージ:保育の仕事はあなたの想像する以上の喜びと感動がたくさんあります。和泉短期大学であなたの夢を一緒に叶えませんか。

  • 助教 安西 美咲
    主な担当科目:障がい者福祉論、保育教職実践演習(幼稚園)
    安西 美咲

    授業で心掛けていること:学生のみなさんと話し合いながら、私自身も一緒に“福祉”について考え続けることを心掛けています。

    受験生・高校生へのメッセージ:子どもや福祉のことで“なんでだろう?”と疑問に思ったことはありますか?その小さな疑問から、専門的な学びに繋げてもらえると嬉しいです!

  • 助手 前島 麻衣
    主な担当科目:子どもと音楽、キリスト教保育、保育教職実践演習(幼稚園)、保育者論
    八代 陽子

    和泉の学生の印象:和泉の学生は明るく友好的な印象です。同じ事を一緒に頑張ると、あっという間に友だちになり輪が広がっているのと、ちょっと難しいと感じる事でも「むずかしい!」と言いながら、チャレンジする意欲がいいなと思います。

    授業で心掛けていること:(子どもと音楽)苦手意識を持つのではなく、自分なりのスキルで音楽を楽しめるように個別指導しています。

    受験生・高校生へのメッセージ:子どものための保育は想像を超える楽しさがたくさんあります!和泉で一緒に子どもの世界を学びましょう!