園や施設の方々へ

和泉短期大学は、特に『保育・幼児教育・介護』の実践の場で即戦力としてご期待に沿えるよう、
また質の高い知識と技能を身につけ、倫理観のある職業人として成長していけるよう、
学生たちをしっかりと導いていく所存でございます。

園や施設の方々へ

学長 佐藤守男
学長 佐藤守男

平素より、和泉短期大学の学生や卒業生が、実習や就職等で大変お世話になっており、心より感謝申し上げます。

ご存知のように世の中は、新型コロナウィルス感染症が拡大し、なかなか終息しそうにありませんが、これまでと同様、感染対策の徹底を図りながら、学生たちの学修する機会を守っていきたいと思います。

さて、この3月8日に卒業式・修了式を行いました。この卒業式では、「三つの密」を避けるため、午前・午後と2回に分けて行い、児童福祉学科180名、専攻科介護福祉専攻18名の学生たちを無事に送り出すことができました。また、4月1日に行いました入学式には、児童福祉学科188名、専攻科介護福祉専攻16名の新入生を迎えています。

新2年生の212名を加えますと、合計417名の学生たちが感染対策を図りながら、本学で元気に学んでいるところです。

これで本学の卒業生の数は 児童福祉学科17,293名、専攻科介護福祉専攻215名、2010年に閉校した介護福祉士養成校の和泉福祉専門学校 2,313名、合計19,821名となります。

また、2021年度の就職状況でございますが、児童福祉学科の卒業生は、保育所87名、幼稚園21名、認定こども園29名、施設14名、一般企業3名さらに17名を進学の道へと送り出すことができました。また、専攻科介護福祉専攻の修了生も、障がい児者施設、児童養護施設、乳児院、高齢者施設、保育所に就職しています。そしてさらに、この専攻科の修了生18名は介護福祉士の国家試験にも挑戦し、18名全員が合格しています。これも、皆様の実習等を通してのご指導と、就職にあたってのご協力のたまものと心より御礼を申し上げます。

今後 和泉短期大学は、国から期待されている高等教育機関の役割を果たすとともに、本学の専門分野でございます『保育・幼児教育・介護』の実践の場で即戦力としてご期待に沿えるよう、また質の高い知識と技能を身につけ、倫理観のある職業人として成長していけるよう、学生たちをしっかりと導いていく所存でございます。

皆様方には、卒業・修了した者たちが、与えられた職場の中で、子ども達や、同労の方々との共なる生活を通して、多くを学び、成長していけるよう、ご指導ご支援を頂けるよう、よろしくお願いしたいと思います。

今後とも和泉短期大学の働きにご理解いただければ幸いでございます。

2022年4月