アドミッションポリシー

入学者受入れ方針
(アドミッションポリシー)

【和泉短期大学が求める学生像】

和泉短期大学は、保育・福祉専門職として必要な専門的知識・技能・価値を修得し、建学の精神にもとづく愛と奉仕をもって、すべての人々が共に生きる社会の実現に貢献したいと考える人を求めています。

【入学希望者に求める学習経験:児童福祉学科】

高等学校卒業までになされる幅広い学びと豊かな経験は、保育・福祉の学びの基盤となります。①基礎的・基本的な知識・技能の習得、②これらを活用して課題を解決するための思考力・判断力・表現力、③主体的に学習に取り組む態度、が高等学校及び児童福祉学科における学びの連続により獲得されることに留意してください。児童福祉学科入学希望者には、高等学校卒業までに下記の学習経験を有することが望ましいと考えます。

  1. 1. 高校内での保育・福祉に関する学び・経験(総合的な学習の時間、家庭科や社会科等における保育・福祉に関連する学び)の機会を得ること。
  2. 2. 保育・福祉現場等でのボランティアを積極的に経験すること。
  3. 3. 自己表現とコミュニケーションのスキル(聴く、話す、書く等)を修得すること。

【入学希望者に求める学習経験:専攻科介護福祉専攻】

主に高齢者や障がい者を対象とする介護を学ぶ専攻科は、保育士養成課程での学びを基盤としています。①基礎的・基本的な知識・技能の習得、②これらを活用して課題を解決するための思考力・判断力・表現力、③主体的に学習に取り組む態度、が保育士養成課程及び専攻科における学びの連続により獲得されることに留意してください。専攻科入学希望者には、保育士養成課程での学びのなかで、下記の学習経験を有することが望ましいと考えます。

  1. 1. 社会福祉に関する科目の学びに力を入れて取り組むこと。
  2. 2. 高齢者施設、障がい児・者施設等でのボランティアを積極的に経験すること。
  3. 3. 対人援助に関する科目での、自己表現とコミュニケーションのスキル(傾聴、共感等) に関する学びに力を入れて取り組むこと。