ボランティア認定制度

本学では、相模原市地域活動・市民活動ボランティア認定制度を支援しています。

相模原市地域活動・ボランティア
認定制度

地域貢献活動として一定のボランティアを行なった学生に対し、相模原市長からの表彰があります。一定の基準に基づいて和泉短期大学から相模原市に推薦すると、市より表彰されるもので、皆さんが履歴書を作成する際、「賞罰欄」に記入することができます。なお、対象となるボランティア活動や表彰される認定証の内容・手続き方法などは、以下のとおりです。

活動の対象

相模原市民を対象とするボランティア活動であり、主に相模原市内で行われる活動です。相模原市内の施設・団体を拠点にした活動だけでなく、相模原市内の施設。団体による行事の引率等で市街に出かける活動、本学の実施している「はっぴい」「すまいりい」、オレンジリボンの配布など、様々な活動を含みます。
ただし、授業課題としての活動(ボランティア体験、ふれあい体験など)は、活動対象に含まれません。

表彰・認定証の内容

相模原市長表彰される認定証は、3種類あります。認定証は以下の条件を満たした場合に贈呈されます。

(1)ボランティア学士:活動時間30時間以上または活動回数30回以上
(2)ボランティア修士:活動時間90時間以上または活動回数90回以上
(3)ボランティア博士:活動時間150時間以上または活動回数150回以上
 和泉短期大学入学後の活動が対象になります。

表彰・認定証の贈呈

学生が作成した「活動レポート」と「活動日報」を、和泉短期大学で確認し、学長の推薦状を添えて、大学から相模原市に提出します。認定対象者には、年度末に、相模原市長から表彰され認定証が贈呈されます。市長表彰に積極的にチャレンジしてください。

【問い合わせ先】地域連携推進センター委員会