「保育方法」模擬保育 学内展示
~  子どもに伝える・演じるということは、どういうことか  ~
 
   子どもの目線に立って、教材を選択し、吟味(内容・素材・風合い・手触り・色彩・文字・数字)する。このことが保育の準備における基本。準備する中で、既成の教材や方法を手軽に用いるのではなく、教材をまず自分たちが「消化する」・「楽しむ」・「好きになる」ことを大切に授業を展開しました。

  小さい画像にマウスを乗せると、中央に拡大表示されます  


  パネルシアター、手作り紙芝居、人形劇、ペープサート、影絵、手作り楽器など、保育現場でよく取り組まれ ているものをはじめ、OHP・書画カメラ・ビデオカメラ等の視聴覚機材を使用した「物語の展開」などの新しい試み、どれも素敵なものです。手作りの温もり!


  そこで、 色々な方々にも見せたい! 1年生にも実習に行く前にぜひ学んでほしい!
そんな思いを込めて、101教室とその周辺に掲示いたしました。
  担当: 松浦浩樹 准教授  


  • 和泉短期大学では何が学べるの?
  • 入試情報が知りたい!
  • オープンキャンパスへ参加しよう!
  • 入学案内書などの資料請求はこちら。

Pick Up

  • キャンパスマップ
  • 学生に聞きました。
  • 専攻科介護福祉専攻
  • キャリアデザインセンター
  • 和泉白書
  • 奨学金制度
  • 子育てサロン はっぴい
  • 関連団体リンク
  • 2007年度、本学は短期大学法人として初めて日本格付研究所による「学校法人の格付け」を取得しました。
  • 2007年度第三者評価適格認定短期大学(財団法人短期大学基準協会)
  • 文部科学省-選定-【平成21年度】★学生支援推進P【平成16年度】★現代GP