キャリアデザインセンター開設

2011年4月、新にキャリアデザインセンター(CDC)を開設しました

 和泉短期大学のキャリアデザインセンターは、「保育室」をイメージした実践的な学びができる環境として開設しています

 

izumi news 6月号表紙写真

 

●自学自習だけでなく、和泉独自の実践授業でも活用

本学のキャリアデザインセンターは、「保育職」としてのキャリアを学生自ら学び、デザインし、社会と現場に貢献し続けることができる人材を育成する場として活用されています。自習だけでなく、学内にある「保育室」を活用した和泉独自のユニークな授業でも活用されています。

 

授業風景

 

●木の温もりのある玩具と厳選された絵本

センター内のインテリアだけでなく、絵本・玩具・家具などの教材も厳選し、子どもを取り巻く教育環境をこの相模原の地で文化として発信したいとの思いで取り揃えました。木の温もりの中で学生たちに、子どもに媚びない良いもの、本物に、直に触れ身体全体で感じてもらい、絵本・玩具・家具のそれぞれの意味や意図を知って欲しいと考えています。

玩具

 

●子育てひろば「はっぴい」

今まで、子育てひろば「はっぴい」は体育館のリトミック室で行われていましたが、この4月からはキャリアデザインセンターで行っています。学生が地域の保護者や子どもに触れ合う実践の場となっています。詳しくはこちら

 

5/7開催のはっぴいの様子

(写真:子育てひろば「はっぴい」)

 

●"守られ育てられる者から守り育てる者へ"

このキャリアデザインセンターでは、文科省大学改革推進事業補助金「大学生の就業力促進支援プログラム」に本学が選定されて作られた大切な「保育室」の中で、保育就業力向上推進プロフラムとして、"守られ育てられる者から守り育てる者へ"の学びを促進してゆく場です。学生たちが自ら、基礎的、実践的に保育者としての「知」をデザインし、培っていく力を高めるプログラムを行っています。

 

開設スタッフ

(写真:キャリアデザインセンター開設スタッフ)

 

●有機的連携による支援体制

その学びをサポートするキャリアデザイン支援者2名、IT支援者1名、実習・進路指導支援者1名が常駐しております。学生は、和泉独自の保育就業力支援のワークファイルシステム「和泉短期大学キャリアファイルシステム」を用いて学習を進めています。また、このシステムと教員による科目指導、ならびに4名の支援者による学習支援、保育実践支援の有機的連携による支援体制が構築されています。

 

 

●支援者の支援内容

4名の常駐の支援者で、一般教養から常識、生活技術、保育技術など、保育者として「生きる力」の総合的な学習支援を行っています。また、最近の保育現場で必要とされるIT能力の向上も行っています。

 

 

  • 和泉短期大学では何が学べるの?
  • 入試情報が知りたい!
  • オープンキャンパスへ参加しよう!
  • 入学案内書などの資料請求はこちら。

Pick Up

  • キャンパスマップ
  • 学生に聞きました。
  • 専攻科介護福祉専攻
  • キャリアデザインセンター
  • 和泉白書
  • 奨学金制度
  • 子育てサロン はっぴい
  • 関連団体リンク
  • 2007年度、本学は短期大学法人として初めて日本格付研究所による「学校法人の格付け」を取得しました。
  • 2007年度第三者評価適格認定短期大学(財団法人短期大学基準協会)
  • 文部科学省-選定-【平成21年度】★学生支援推進P【平成16年度】★現代GP