本学教員、井狩芳子教授が『演習 保育内容「健康」―大人から子どもへつなぐ健康の視点―』を出版

本学教員、井狩芳子教授が『演習 保育内容「健康」―大人から子どもへつなぐ健康の視点―』を出版しました

本学教員、井狩芳子教授が、子どもの心身の健康を保障するために必要な視点について、保育者を志す人がワークに取り組みながら主体的に学べる『演習 保育内容「健康」―大人から子どもへつなぐ健康の視点―』を出版しました。

子どもの心身の発達の特徴とは?その発達段階にふさわしい体験とは?体験をすることで、どんな育ちが期待できるのか?これらについて、やさしく解説されています。

保育者や養育者子どもたちのすこやかな育ちを保障するためには、何よりもまず自分の心身の健康を保つことが必要です。ところが、近年、世の中の急激な変貌によって、保育者養成校に入学してくる若者や、子どもたちを直接的・間接的に支える大人の健康課題が際立つようになりました。そのため、本書には、子どもの心身の健康を保障するという視点はもとより、"高校を卒業してまもなく、保育内容の各論の学びをスタートする学生の皆さん"そして、"これから乳幼児の子育てを始める方々"の健康も保障するべく、大人についての健康支援の視点も取り入れています。日本の子供の健康課題をイメージしながら、そして、ご自身の体を客観的に見つめながら読み進めていただきたいと思います。(本書、「はじめに」より)
発行: 萌文書林 A5判/192頁 定価(本体1,800円+税)
ISBN 978-4-89347-209-0
  • 和泉短期大学では何が学べるの?
  • 入試情報が知りたい!
  • オープンキャンパスへ参加しよう!
  • 入学案内書などの資料請求はこちら。

Pick Up

  • キャンパスマップ
  • 学生に聞きました。
  • 専攻科介護福祉専攻
  • キャリアデザインセンター
  • 和泉白書
  • 奨学金制度
  • 子育てサロン はっぴい
  • 関連団体リンク
  • 2007年度、本学は短期大学法人として初めて日本格付研究所による「学校法人の格付け」を取得しました。
  • 2007年度第三者評価適格認定短期大学(財団法人短期大学基準協会)
  • 文部科学省-選定-【平成21年度】★学生支援推進P【平成16年度】★現代GP