和泉白書

日々、自分の成長を実感。

毎日が充実しすぎて、1日24時間では足りないほど。
卒業までにもっと成長し、誰からも愛される保育者になって、多くの子供たちを支援したいです。

子どもの成長を支援する仕事に憧れていました

小学校高学年のとき、歳の離れた妹にミルクをあげたり、寝かしつけたりと、小さなママになって妹の世話をしているうちに、子どもの成長を支援する仕事がしたいと思うようになりました。
現在、授業や実習、ボランティアなど様々な経験を積んで自分を磨きながら、保育士資格と幼稚園教諭二種免許の両方の取得を目指しています。

幼い頃から和泉のファンでした

和泉を選んだのは、先輩から「和泉は楽しい!」と聞いていたのと、自転車通学が出来る距離にあったことなどがありますが、何よりも自分が、幼い頃から和泉のファンだったこと、それが一番の理由です。
和泉には、子どもたちと接するボランティア活動が沢山あります。幼少時代、そうした和泉の明るく素敵な先輩方と触れ合ったことが、今でも私の楽しい思い出です。
高校時代、学園祭やオープンキャンパスに参加したときも、出会った先輩方は本当に生き生きと輝いていました。個別相談でお世話になった先生方も、とても話しやすく、優しい方ばかりでした。
4年制大学ではなく、「短大」へのこだわりもありました。結局、4年制大学に進んだとしても、実習時間や取得できる免許・資格はあまり変わらないんです。だとしたら、2年早く社会に出られる短大のほうが合理的だなと。実際、2歳若いというのは将来的に重要ですしね。(笑)

元気で明るい学内の雰囲気が大好きです

和泉のキャンパスライフは、とにかく「楽しい!」の一言です。学生も先生方も、みんな明るく、フレンドリー。めざすゴールが同じなので、友だちとはすぐに打ち解けることができます。
学園祭や各種イベントに向けた準備では、クラス全体が1つになり、団結力と信頼感が深まる経験をしました。

やればやるだけ得るものがある大学です

和泉の教育プログラムは、本当に効果的で密度が濃いんです。「将来に役立つ」ということを、日々学びながら実感しています。やればやるだけ吸収できる、そんな感じでしょうか。
保育者になるための環境も充実しています。いつも親身になって進路の相談にのって下さる先生方の存在、実習に活用できる大型絵本が多数ある図書館、そして何より、就職に役立つ生きた情報を満載した大勢の先輩方のファイリングは、他大学の友だちが羨むぐらいの充実度です。色々な情報を確認してから実習に行けるのも、大きな強みではないかと思います。
実習は大変ですが、達成感のほうが大きいですね。子どもが成長していく姿を実感できる喜びは、授業では得られませんから・・・。最終日に子どもたちから手紙をもらったときは、感動で涙がこみ上げてきました。実習は本当に得るものが多いです。自分ではよく分からないのですが、実習から戻ったあと、先生方や周りの人から「顔つきが大人になったね。 」と言われました。

母親のような保護者になりたいです

実習を通して、私は本当に子どもたちがかわいいと感じ、保育者になりたいという自分の気持ちに、あらためて確信を持つことができました。保育所と幼稚園と施設、どの仕事に就いたとしても、子どもたちに慕われ、信頼される、心安らぐ母親のような保育者になりたいです。
子どもと一緒に走り回り、笑い、同じ気持ちになって楽しみながら、親と同じ愛情を持って接したいと思います。そして、より深く子どもの成長を支援していければと考えています。

和泉短期大学では何が学べるの?

入試情報を知りたい!

オープンキャンパスへ参加しよう!

入学案内書などの資料請求はこちら

奨学金制度

子育てサロン はっぴい

キャンパスマップ。

学生に聞きました。

専攻科介護福祉専攻

キャリアデザインセンター

関連団体リンク