和泉短期大学について

建学の精神
本学の建学の精神

1952(昭和 27)年、米国財団 CCF (Christian Children's Fund,Inc.:キリスト教児童福祉会)創立者のJ.C.クラーク博士は敗戦直後の日本の困窮児を救済するため G.E.バット博士、V.J.ミルス博士と共に全国の養護施設(現・児童養護施設)の助成を開始した。1956(昭和 31)年、当時福祉施設従事者の資質の向上が社会福祉の重要な課題であったため、キリスト教児童福祉会は、福祉従事者の現任訓練機関バット博士記念養成所を開設した。このことが本学の起源である。CCF の日本事務所として CCWA が設立され、現在は NPO 法人チャイルド・ファンド・ジャパンがその愛の精神を受け継いでいる。


本学はヨハネによる福音書より校名を「和泉」と命名し、「願わくは、このキリストの泉から若者たちの清らかさと愛とが湧き出でんことを」の標語を掲げ、キリスト教信仰に基づく児童福祉を基盤とした「愛と奉仕」[「あなたがたの光を人々の前に輝かしなさい」マタイによる福音書第 5 章 16 節]を建学の精神またスクールモットー、スクール聖句としている。


大学本館の入り口の壁にブロンズのパネルがあり、「願わくは、このキリストの泉から若者たちの清らかさと愛とが湧き出でんことを」( COLLEGIVM IZVMI EX HOC CHRISTI FONTE PVRITAS ET CARITAS IVVENTVTIS SVRGANT ANNO DOMINI MCMLXV )とラテン語で刻まれている。この言葉には学生への切なる願いが込められている。

ブロンズパネル


校章

   本学の校章として右のものが制定されている。

   この校章は、少しふくらみを持たせた逆三角形のなかに、I.J.C.(Izumi Junior College)と小さな十字架が書かれています。この三角形は、父、子(キリスト)、聖霊の三位一体をあらわす物であるとも、信仰、希望、愛といった教えを示すものとも言われています。

   建学の精神が、キリスト教を土台にした福祉といった志の中にあるのだから、それを象徴するのにふさわしい校章になっているものといえる。

和泉短期大学校章

和泉短期大学について

  • ご挨拶
  • 建学の精神
  • 沿革
  • 財務状況
  • 寄付金
  • 第三者評価の適格認定
  • 在籍学生数
  • 教員紹介
  • シラバス(授業計画)
  • 組織の紹介
  • 本学のアクセス
  • 刊行物の公開

  • 和泉短期大学では何が学べるの?
  • 入試情報が知りたい!
  • オープンキャンパスへ参加しよう!
  • 入学案内書などの資料請求はこちら。

Pick Up

  • キャンパスマップ
  • 学生に聞きました。
  • 専攻科介護福祉専攻
  • キャリアデザインセンター
  • 和泉白書
  • 2007年度、本学は短期大学法人として初めて日本格付研究所による「学校法人の格付け」を取得しました。
  • 2007年度第三者評価適格認定短期大学(財団法人短期大学基準協会)
  • 文部科学省-選定-【平成21年度】★学生支援推進P【平成16年度】★現代GP