和泉短期大学について

成績評価
成績評価

単位認定は各授業時間を利用して行う。評価はシラバスにある評価方法により、授業や担当者により異なる。


評価方法

評価方法には次の種類がある。

(1) 筆記試験

(2) レポート試験

(3) 実技試験

(4) その他

* 試験に関する不正行為を行った者は、試験当該科目を失格とする。


成績の評価

履修を登録し、試験に合格すれば単位が与えられる。

評価 点数 内容
SA 90~100点 目標の成果が高く認められる、特に優秀な成績
A 80~89点 目標の成果が認められる、優秀な成績
B 70~79点 目標の成果が一応認められる成績
C 60~69点 合格と認められる最低の成績
D 59点以下 合格とは認められない成績
E 失格 出席日数の不足


SA、A、B、Cは合格、D、Eは不合格。合格した科目は再履修できない。

 

GPA制度

建学の精神及び教育目標等に示される保育・福祉専門職の養成にあたり、教育課程を通じて着実に人材を養成していくための具体的な方策として、シラバス等における成績評価基準の明示や、その基準に基づく客観的な成績評価を行っています。


GPAの算出方法

GPAには、当該学期にGPA(以下「学期 GPA」という。)と全在学期間におけるGPA(以下「通算GPA」という。)の二つがあります。

* GPAの算出は、小数点第3位以下を切り捨てるものとします。


学期GPAを算出する計算式

学期GPA = (当該学期に評価を受けた各授業科目で得たGP x 当該授業科目の単位数)の合計
当該学期に評価を受けた各授業科目の単位数の合計

学期GPAを算出する計算式

通算GPA = ((各学期に評価を受けた各授業科目で得たGP x 当該授業科目の単位数)の合計)の総和
(各学期に評価を受けた各授業科目の単位数の合計)の総和

* 不合格となった授業科目を再度履修し、合格となった場合、以前に不合格の授業科目についてもGPAの算出対象とします。


GPA制度の活用

学修の状況及び成果を示す指標としてのGPAを算出することにより、学生の学習意欲の向上、学生自身による履修計画の作成、グループアドバイザー等による適切な修学指導に資することを目的としています。また、成績優秀な学生の表彰や奨学金候補等の選考にも利用されます。

さらに、個々の学生のGPAだけを算出するのではなく、授業科目別に履修者全員のGPの平均値を算出し、その比較等を行うことで、成績評価が著しく易しい、あるいは著しく厳しい授業がないかどうかを分析し、各授業科目における成績評価基準の平準化、あるいは更なる明確化、厳格化にも資するものです。


和泉短期大学について

  • ご挨拶
  • 建学の精神
  • 3つのポリシー
  • 沿革
  • 財務状況
  • 寄付金
  • 第三者評価の適格認定
  • 在籍学生数
  • 教員紹介
  • シラバス(授業計画)
  • 組織の紹介
  • 本学のアクセス
  • 刊行物の公開

  • 和泉短期大学では何が学べるの?
  • 入試情報が知りたい!
  • オープンキャンパスへ参加しよう!
  • 入学案内書などの資料請求はこちら。

Pick Up

  • キャンパスマップ
  • 学生に聞きました。
  • 専攻科介護福祉専攻
  • キャリアデザインセンター
  • 和泉白書
  • 2007年度、本学は短期大学法人として初めて日本格付研究所による「学校法人の格付け」を取得しました。
  • 2007年度第三者評価適格認定短期大学(財団法人短期大学基準協会)
  • 文部科学省-選定-【平成21年度】★学生支援推進P【平成16年度】★現代GP