専攻科介護福祉専攻

専攻科介護福祉専攻
1年間の学びで介護福祉士受験資格を取得

・ ・ 募集要項をご覧になりたい方は、こちらをクリックして下さい ・ ・


・ ・ 学納金をご覧になりたい方は、こちらをクリックして下さい ・ ・



※ハローワークに事前申請することで
受講中の2017年10月に約28万円、2018年4月に約4万円支給されます。
本講座で介護福祉士資格取得後1年以内に就職した場合、上記に加えて16万円が追加支給されます。

専攻科試験について
入試受付期間試験日
A日程 10月31日~11月7日 11月11日
B日程 11月13日~12月1日 12月8日
C日程 1月9日~1月15日 1月22日
D日程 2月9日~2月21日 2月28日
E日程 2月23日~3月5日 3月12日

※ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

和泉短期大学 広報渉外ユニット:042-754-1133


介護福祉士とは

●社会福祉士・介護福祉士法に規定される国家資格。

●高齢者や障がい者の生き方や生活全体に携わるチームケアのキーパーソン。

●質の高いサービスの充実・向上に、有資格者への社会的期待が非常に高い。

介護福祉専攻科の魅力

 本専攻科は、日本で最初の介護福祉士養成校「和泉福祉専門学校」の伝統を継承し、2010年4月に誕生しました。5つの魅力 ①1年間で介護福祉士の受験資格取得、②国家試験対策の充実、③キャリアアップのチャンス、④和泉卒業生は入学金免除、⑤教育訓練給付を受けられる可能性

社会と隣人に奉仕する専門的ケアワーカーの育成

建学の精神である「キリスト教信仰に基づく教育形成」のもとに、保育士資格を有する (保育士養成施設を卒業し保育士資格を取得していること) 者が介護福祉士として高齢者、障がい者、児童の社会的自立と自己実現に向けて、専門職業人としての自覚あるケアワーカーの働き人を養成します。



少人数教育

介護福祉専攻科はおよそ20名で授業を行います。学生と教員の距離が近く、丁寧な個別指導のもと、学生一人ひとりの個性を大切に、きめ細やかな教育を行います。



カリキュラム

本学では、人間の尊厳について「キリスト教社会倫理」を基礎として学びます。さらに、学生が介護や福祉に問題意識を持ち、学生自ら課題解決に取り組む授業をします。
また、「生活支援技術」の授業を通して、高齢者の自立や残存機能の維持をするための知識や技術を学び、実践を重視した科目を設定しています。2016年度より喀痰吸引や経管栄養に関する知識や技術を学び、医療的ケアの必要な高齢者、障がい者・児への支援の方法も学んでいます。


介護の概念図

介護実習及び実習指導

「高齢者施設」は6月に6日間、「訪問介護実習」は8月に2日間、「高齢者・障がい者施設」は11月に20日間の実習を行います。実習指導は専任教員がきめ細やかに、実習に向けての準備や実習後の振り返り、実習中は専任教員が実習施設での巡回指導を行います。



卒業後の進路

専攻科介護福祉専攻の就職状況はこちらをクリックしてご確認下さい。>>



  • 和泉短期大学では何が学べるの?
  • 入試情報が知りたい!
  • オープンキャンパスへ参加しよう!
  • 入学案内書などの資料請求はこちら。

Pick Up

  • キャンパスマップ
  • 学生に聞きました。
  • 専攻科介護福祉専攻
  • キャリアデザインセンター
  • 和泉白書
  • 関連団体リンク
  • 2007年度、本学は短期大学法人として初めて日本格付研究所による「学校法人の格付け」を取得しました。
  • 2007年度第三者評価適格認定短期大学(財団法人短期大学基準協会)
  • 文部科学省-選定-【平成21年度】★学生支援推進P【平成16年度】★現代GP