創立記念礼拝・永年勤続表彰式が行われました

2019年5月13日(月)、創立63周年「創立記念礼拝」が行われました。

西田チャプレンより、本学創設者についてのお話がありました。 創設者のJ.C.クラーク博士の口癖は「面倒なことになるが、とにかく乗り出そう、神様を信頼して」でした。和泉短期大学が担う幼児教育や福祉教育は「面倒な」業かもしれません。しかし、その業を「人の心を暖めることのできる人間を育てること」また「キリストの愛を実践する人を世に遣わす使命」として引き受け、励んだ先達たちが居ました。私たちもまた、その思いを継承する者であることを再確認したことです。

創立記念礼拝後、法人教職員の永年勤続表彰式が行われました。

学校法人和泉短期大学では、永年にわたり教学に力を尽くした教職員に対して、創立記念日(5月15日)に表彰楯、記念品、賞金を贈呈しています。

本年度は、曾根真理子 学生支援ユニットリーダー(勤続30年)、田中孝一 教育・学習支援ユニットサブリーダー(勤続30年)、矢野由佳子 准教授(勤続15年)の3名が表彰されました。